中国に行く時に持ってると便利な「銀聯カード」は日本でも作れます!

銀聯カードは日本でも作れます!

銀聯,日本で作れる,プリペイドカード,クレジット,デビット

中国に行く日本人にとって、
圧倒的に便利な「お金」の形は「銀聯(ぎんれん)カード」です。

 

中国全土、津々浦々まで普及していて、
1,700万店以上の加盟店での支払いや、
現地銀行の全てのATMが利用できますので、
中国に行く際は、1枚持っていると安心です。

 

銀聯カードは、日本国内でも作ることができます
クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード
の3つの形態があります。

 

それぞれに一長一短がありますので、
中国への渡航目的や頻度、滞在期間などを考慮して、
最適なものを選ばれるといいと思います。

 

クレジットカード

 

銀聯,日本で作れる,プリペイドカード,クレジット,デビット

クレジットカードでは銀聯の加盟店で支払いをすると、
翌月の指定日に銀行口座から引き落としとなりので、
支払い時点では口座の残高を気にしなくていいので安心です。

 

また、いつもの銀行口座が利用できる点は、
日本で銀聯提携のクレジットカードを作る大きなメリットです。

 

銀聯提携クレジットカードは、三井住友VISAカード、ANAカード、MUFGカードなどで申し込めます。
ただし、三井住友以外は、自社のカード会員の追加サービスの扱いになっていて、
銀聯提携カードだけの申し込みはできません(三井住友は単独入会ができます)。
入会の際は信用審査があります

 

また、各社とも店頭での支払い専用となっていて、ATMでキャッシングができません。
このため、現地で人民元の現金を調達できません。
キャッシングのためにはVISAやマスターカードなどが別に必要になります。

 

クレジットカードは入会の際に審査があって煩わしいですが、
中国に長期滞在する人や頻繁に渡航する人は作っておくと利便性が高いです。

 

デビットカード

 

銀聯,日本で作れる,プリペイドカード,クレジット,デビット

デビットカードとは、支払いすると即時に自分の銀行口座から引き落とされる
機能が付いたキャッシュカードです。
口座残高の範囲内で利用することになるので費用管理がしやすいです。

 

日本で作るには、日本にある中国銀行か中国工商銀行の支店で
口座を開設する必要があります。

 

日本で銀聯デビットカードを作ると、日本円と人民元の口座が用意され、
それぞれを使い分けすることができます。

 

また、どちらの銀行も年会費(1,000円)が必要です。

 

ただ、両銀行とも支店が非常に少ないので、
特に支店のない大部分の地域の人にとっては、口座開設や出入金の不便さは否めません。
(中国銀行は郵送で申し込みできます)

 

プリペイドカード

 

銀聯,日本で作れる,プリペイドカード,クレジット,デビット

プリペイドカードは、予めカードに必要な金額を入金しておく方式のカードです。

 

カードに入金した範囲内で、加盟店での支払いやATMからの現金引き出しができます。
チャージは随時できますが、常に残高を確認する必要があります。

 

入会に際しては特に審査はなく、未成年でも作ることができます

 

クレジットカードやデビットカードと違って、銀行口座とリンクしていないので、
盗まれたり、不正に読み取りされても安心です。

 

銀聯,日本で作れる,プリペイドカード,クレジット,デビット

日本で作れる銀聯提携のプリペイドカードは、
クレディセゾン社が発行する「ネオマネー銀聯」になります。

 

初期費用や維持費用もかからないので、
短期の旅行や出張でも、また、あまり中国に行くことが無い人でも気軽に持つことができます。

 

ただ、日本国内では使えません

 

銀聯提携カードを比較してみました。

クレジットカード デビットカード プリペイドカード

銀聯,日本で作れる,プリペイドカード,クレジット,デビット

三井住友銀聯カード

(三井住友VISAカード)

銀聯,日本で作れる,プリペイドカード,クレジット,デビット

中国銀行銀聯デビットカード

(中国銀行)

銀聯,日本で作れる,プリペイドカード,クレジット,デビット

ネオマネー銀聯

(クレディセゾン)

【特徴や注意点】

・支払い時点の残高を気にする必要はありません。

 

店頭での支払い専用のクレジットカードです。通販では利用できません。

 

・支払いは1回払いのみです。分割払いやリボ払いはできません。

 

・ATMでキャッシングができません。中国現地での現金調達には使えません。

 

・家族カードが作れます。

 

・ポイント制度があります。

【特徴や注意点】

日本円と人民元それぞれの口座で決済できます。「口座の連動サービス」を選ぶと一方の残高が不足した場合、もう一方の口座から決済できるようになります。

 

中国銀行に銀行口座を作る必要があります。

 

・年会費が1,000円かかります。預入金額によっては利息が飛んでしまいます。

 

・入金は中国銀行の各支店が指定する日本の銀行口座に振り込む形になります。

【特徴や注意点】

審査なく入会できますので、気軽に作れます。

 

・初期費用や維持料がかかりません。利用の際のみ手数料がかかります。

 

口座情報と結びついていない独立したカードなので、万一の時も安心です。

 

・利用の際の手数料が他のカードより高めです(ATM利用料、両替サービス料)。

 

・常に残高に注意して、随時カードに一定の金額をチャージしておく必要があります。

 

・機内販売やホテルの保証金などには使えません。

 

日本国内では利用できません

【決済の方法】

後払いになります。後日指定の銀行口座より引き落としされます。

【決済の方法】

支払いと同時に中国銀行の自分の口座から引き落としされます。

【決済の方法】

カードに入金(チャージ)分より即時支払います。

【申し込み資格】

18歳以上(高校生不可)

審査があります

【申し込み資格】

中国銀行に口座を

開設している人。

【申し込み資格】

13歳以上

審査はありません

【日本国内での利用】

利用できます。ただし一部利用できない場合があります。

【日本国内での利用】

利用できます。ただし一部利用できない場合があります。

【日本国内での利用】

利用できません(海外専用です)。

【年会費】

無料

【年会費】

1,000円

【年会費】

無料

【カード発行手数料】

2,000円

 

※5年ごと1,000円の更新費用が必要です。

【カード発行手数料】

無料

【カード発行手数料】

無料

【中国ATM利用手数料】

ATMは利用できません(キャッシング不可)

【中国ATM利用手数料】

中国銀行のATMでは1回につき8元と決済手数料(1%)、他行では10元と決済手数料(1%)がかかります。
※銀聯カードが定める為替レートが適用になります。

【中国ATM利用手数料】

1回につき200円がかかります。
※海外サービス手数料(両替手数料)が銀聯の為替レートに4%上乗せされます。

【決済手数料】

加盟店での支払いに手数料はかかりません。

 

※支払い時の為替レートは銀聯のレートに事務処理経費2.5%を加えたレートで円に換算。

【決済手数料】

中国で加盟店での支払い際、決済手数料(1%)がかかります。日本国内ではかかりません。

 

※銀聯カードが定める為替レートが適用になります。

【決済手数料】

加盟店での支払いに手数料はかかりません。

 

※海外サービス手数料(両替手数料)が銀聯の為替レートに4%上乗せされます。

【限度額】

ショッピング利用枠は1か月10〜80万円です。

【限度額】

1日の使用限度最大額は、日本円口座50万円、人民元口座3万元です。

【限度額】

1日当たり利用可能額は100万円です。

【申し込み】

インターネット、郵送

 

銀聯,日本で作れる,プリペイドカード,クレジット,デビット

【申し込み】

中国銀行の日本国内支店窓口(東京、横浜、名古屋、大阪、神戸)または郵送

銀聯,日本で作れる,プリペイドカード,クレジット,デビット

【申し込み】

インターネット、セゾンカウンター、郵送

銀聯,日本で作れる,プリペイドカード,クレジット,デビット