中国での人民元両替、カードでATMを利用した場合の損得比較

人民元の両替はATMで引き出すのが効率的で安全

中国,人民元,両替,カード,比較,ATM

中国で人民元に両替するために、銀行や両替店に行くと、
窓口で待たされたり、パスポートの提示が必要だったりと手間や時間がかかります。

 

短期間の旅行や出張中だと非常に時間がもったいないので、
銀行などに設置してあるATMを利用して人民元(現金)を引き出すのが効率的です。

 

また、両替用の日本円やパスポートを持ち歩く必要もないので安全対策にもなります。

 

海外ATMを利用した場合の為替レートについて

中国,人民元,両替,カード,比較,ATM

ATMの引き出しの際に適用される為替レートは、VISAやマスターカード、JCB、銀聯など各決済会社独自に決定した基準レートです。引き出した時点や買い物した時点の市場のレートではありません。基準レートの目安は下記サイトで確認できます。

 

※カードで買い物した場合は、基準レートに事務処理手数料が加味されます。事務処理手数料はVISA、Masterが1.63%、JCBが1.6%としている場合が多いですが、カードの発行会社によって異なります。

中国,人民元,両替,カード,比較,ATM

中国,人民元,両替,カード,比較,ATM

中国,人民元,両替,カード,比較,ATM

中国,人民元,両替,カード,比較,ATM

VISA(英語)

マスターカード(英語)

JCB(日本語)

銀聯(中国語)

▼平成30年4月26日付けとして発表した各社の人民元の基準レート▼

1元=17.34円

1元=17.28円

1元=17.34円

1元=17.23円

※4月26日にカードで支払っても、4月26日のレートがそのまま適用されるとは限りません。あくまでも目安ですが、人民元のレートは、「マスターカード」「銀聯」が比較的良いです。

 

中国でのATM利用について注意点

 

中国,人民元,両替,カード,比較,ATM

■約10,000円なら500元という具合に、あらかじめ引き出す金額を人民元で確認しておきましょう。引き出し金額を入力するときになって慌てることがあります。もちろん残高の確認も。

 

■暗証番号の入力を何度か間違ったり、カードや現金の取出しにもたついたりすると、カードがATMに吸い込まれることがあります。その際は、ATM設置者に連絡するか、カード会社に連絡してください。日本のATMよりカードや現金取り出し口が開いている時間が明らかに短いので、素早く回収してください。

 

■ATM利用の際、画面操作に集中してしまいがちですが、背後や周囲に注意してください。

 

■道路に面しているATMの利用や、夜間の利用は、なるべく避けたほうがいいです。

 

中国ATMから人民元をお得に引き出せるカードは?

中国,人民元,両替,カード,比較,ATM

中国のATMで人民元を引き出すには、次のようなカードが利用できます。

 

クレジットカード

国際キャッシュカード、国際デビットカード

海外専用プリペイドカード

 

それぞれの特長などをまとめました。

 

※「為替手数料」は決済会社の基準レートに加味されるものです。為替手数料が4%の場合、基準レートを1元=20円とすると、20円×4%で、1元=20.8円のレートで算出することになります。使用金額の4%ではないので注意してください。
※ATM利用の際、決済会社やカード発行会社ではなく、ATMの設置者による手数料(時間外手数料など)が別途かかる場合があります。

 

クレジットカード(海外キャッシングが可能なもの)
中国,人民元,両替,カード,比較,ATM
  • 「VISA」や「マスターカード」などそれぞれのカード会社に対応したATMを利用できます。
  • クレジットカードでATMから現金を引き出すと、いわゆる「キャッシング」になり、カード会社からお金を借りる形になります。後日カード会社から利息とあわせて引き落とされます(1回払い)。利息は年利18%が主流です。利息を減らすために、帰国後に引き落とし日を待たずに、カード会社に連絡して繰り上げ返済することも可能です。
  • 引き出しのつどATM手数料がかかります。
  • 借金に抵抗のある人には向きませんが、費用が小さく一番お得に人民元を手に入れる方法です。
  • カードによっては旅行傷害保険やショッピング保険が付いていて安心です。
(参考)三井住友VISAカード(クラシック)の場合

為替手数料

ATM手数料

引き出し可能額

なし

1万以下108円、1万超216円

50万円

例えば、決済会社(VISA)の基準レートが1元=20円として、人民元500元をATMから引き出した場合(借入期間30日間)

 

500元×20円=10000円×年利18%=10,147円(返済費用)+ATM引き出し手数料108円 

 

⇒人民元500元の引き出しに必要な費用は255円

 

※年会費がかかります(税別1250円)。

国際キャッシュカード/デビットカード
中国,人民元,両替,カード,比較,ATM
  • 「PLUS/VISA」「CIRRUS/マスターカード」などカードに示された提携先対応のATMを利用できます。
  • 中国,人民元,両替,カード,比較,ATM

  • 日本の自分の銀行口座の日本円から人民元に両替して引き出す形です。自分のお金です。
  • 基本的に引き出すと即時口座の残高に反映されます。
  • 引き出しの都度、為替手数料やATM手数料(一部カードは無料)がかかります。
  • キャッシュカードは国際対応のものに限ります(契約の銀行で確認ください)。
  • デビットカードは年会費が掛かる場合が多いです。ポイント還元の特典があります。

※国際キャッシュカードと国際デビットカードは、自分の口座から即時引き出すという機能は同じです。違いはキャッシュカードはATMの現金引き出し専用であることに対して、デビットカードはクレジットカードのように加盟店で支払いに使える点です。

(参考)新生銀行の国際キャッシュカードの場合

為替手数料

ATM手数料

引き出し可能額

4%

無料

10万円/日

例えば、決済会社(VISA)の基準レートが1元=20円として、ATMで人民元500元を引き出した場合

 

500元×(20円×4%の為替手数料)=10,400円+ATM手数料は無料 

 

⇒人民元500元の引き出しに必要な費用は400円

 

※他の銀行ではATM手数料1回100〜200円程度がかかるところもあります。

 

新生銀行キャッシュカード公式サイト

(参考)楽天銀行の国際デビットカード(VISA提携)の場合

為替手数料

ATM手数料

引き出し可能額

3.024%

無料

20万円/日

例えば、決済会社(VISA)の基準レートが1元=20円として、ATMで人民元500元を引き出した場合

 

500元×(20円×3.024%の為替手数料)=10,324円+ATM手数料は無料 

 

⇒人民元500元の引き出しに必要な費用は324円

 

※年会費がかかります(税込1,029円)。
※他社デビットカードではATM手数料1回100円〜200円かかるところもあります。

 

楽天デビットカード公式サイト

 

海外専用プリペイドカード
中国,人民元,両替,カード,比較,ATM
  • 審査が無いので、クレジットカードや銀行口座がなくても持つことができます。
  • VISA、マスターカード、銀聯などカードの提携会社対応のATMを利用できます。
  • カードにあらかじめ必要額を入金しておき、その中から人民元に両替して引き出す形です。自分のお金です。
  • 銀行口座とはリンクしていないのでリスクが低いです。
  • 基本的に引き出すと即時残高に反映されます。繰り返し追加入金ができます。(海外ATMでは不可)。
  • 引き出しの都度、為替手数料やATM手数料がかかります。
  • 一部のカードを除き、日本国内では使用できません。

 

(参考)ネオマネーVISAの場合

為替手数料

ATM手数料

引き出し可能額

4%

200円/回

15万円/回  100万円/日

中国,人民元,両替,カード,比較,ATM

例えば、決済会社(VISA)の基準レートが1元=20円として、ATMで人民元500元を引き出した場合

 

500元×(20円×4%の為替手数料)=10,400円+ATM手数料200円

 

⇒人民元500元の引き出しに必要な費用は600円

 

中国,人民元,両替,カード,比較,ATM

「銀聯」提携のネオマネーだと、VISAよりもレートが良いので、若干費用が少なくなります。

銀聯はVISAより基準レートが約0.8%良いので、VISAが1元=20円とすると銀聯では19.8円。
500元×(19.8円×4%の為替手数料)=10,296円+ATM手数料200円

 

⇒人民元500元の引き出しに必要な費用は496円

 

 

※「ネオマネーVISA」は、クレディセゾン社が発行するVISA提携の海外プリペイドカードで、日本国内でも使用できます。「ネオマネー銀聯」の方は国内では使えません。海外専用です。

まとめ

中国,人民元,両替,カード,比較,ATM

中国のATMで現金を引き出すなら、借金の形になりますが、

クレジットカードのキャッシングが一番お得です。

 

借金が嫌な人やクレジットカードを持っていない人は、
為替手数料が低く、ATM手数料が無料の
国際キャッシュカードやデビットカードがお得
です。

 

プリペイドカードは表面では、手数料が若干高めなので
メリットを感じませんが、
誰でも持つことができることや、紛失や盗難時のリスクが低いこと、
特に「銀聯」提携のカードだと、中国国内で利用できるATM数が圧倒的に多いことや、
人民元レートが良いことなど、利便性のメリットは大きいです。

 

中国へ旅行や出張、留学に行く人は、費用が掛からず、
費用や審査なしで気軽に作れる「銀聯」提携のプリペイドカード
「ネオマネーを1枚持っておくと重宝
しますよ。

 

中国,人民元,両替,カード,比較,ATM